披露宴イメージ

結婚式の2次会披露宴の招待状

私の職場の友人が結婚したのですが、挙式当日は仕事がある日で結婚式には出席できなかったのですが、「是非2次会にはきて欲しい」と言われまして、私は「もちろんだよ」と答えました。
「式に行けなくて悪いね」と言うと友人は「仕事ある日に日付決めちゃったから仕方ないよ」と言ってくれました。
他の職場の人たちは仕事切り上げて間に合う人は出席するとのことだったのですが、式の日程の招待状はちゃんと用意していたらしく、友人もしっかりと配っていました。
2次会に行くって言った私には招待状http://biancan.jp/syoutaijyou.htmlらしきものは何も渡されなかったので、なぜだろうと思っていましたが、2次会の分は用意していなかったとの事。
口頭ですが、場所と時間は聞けたので問題はないとは思うのですが、書面で書くのが普通じゃないのか(笑)と思いながら月日は流れていきました。
そして結婚式があと1ヶ月というところまで迫ってきた時に一通のメールが届きました。
友人からのメールで、内容は「2次会のお知らせ」というタイトルで場所、時間等が書いてあり、最後には「是非出席してください」と書かれてありました。
いやいや、それ前に言ったじゃないか、しかも割りとギリギリになって送ってくるのもどうかと思うよ(笑)と思いながら参加する旨を返信しました。
いよいよ当日になり、友人の披露宴というのは初めてだったのでややワクワクしながら会場に行きました。
受付に着くと「招待状はお持ちですか」と聞かれたので、「そんなものもらってませんけど・・・・」と言うと「メール届いてませんか」と言われて携帯電話のメールを見せると中に通してくれました。
私が思っていた形式とは全然違っていたので、最初はビックリしながらも徐々にその場の雰囲気に慣れていき、楽しく祝うことを思い時間は過ぎていきました。
結婚式後の披露宴とほぼ変わらない内容だと聞いていたので、結婚式に参加できた様な気分にはなれました。
後日聞いたのですが、メールを招待状変わりにしたのは一つの演出だと言っておりましたが、最後に出費を抑えたかったという本音も聞けました。
段取りとかは自分の良いと思うことが一番大切だとは思ったのですが、大事なトコは外しちゃダメでしょうと思いました。

Copyright(C) 2011 bridal.com All Rights Reserved.