披露宴イメージ

披露宴で「ありがとう」のメッセージを伝えるために

結婚式は人生の中で最大級のイベントであり、披露宴では両親に今まで育ててもらったお礼、周りの人々の応援や励ましがあってここまで来れたという感謝の気持ちをどのように皆さんに伝えることができるか、それについてすごく頭を悩ませました。
演出としてよく使われる生い立ちDVDですが、私たちの結婚式は素人ながら自分で作成しました。
自分自身で作成することで素直な感謝の気持ちを伝えたいと思ったからです。
新郎、新婦の誕生〜子供〜学生〜大人になっていくそれぞれのステージでの写真を紹介していきましたが、その中になるべく披露宴のゲストの方々が関わっているものを重点的に選びました。
そして各々の写真とともに関連する人たちへのメッセージも添えました。
例えば子供の頃の三人姉妹の写真には「いつも一緒にあそんだ姉妹、時々ケンカもしたけれど三人だったから楽しいことも三倍だったね」、大学生活の写真には「四年間でかけがえのない時間を過ごすことができました。
大切な仲間に出会えた大学時代だったよ。
お父さん、お母さん、進学させてくれてありがとう」などというようにメッセージを載せていきました。
このDVDは披露宴が始まってすぐ、新郎新婦が入場する直前に流しました。
映像の最後に「本日お集まりいただいた皆様すべてに感謝しています」という内容のメッセージを流し、感動を誘ったところで私たちが入場するというものでした。
結婚披露宴のクライマックスで新婦から両親へ向けての手紙ももちろん感謝の気持ちを伝える感動的な場面ではありますが、そこだけで「ありがとう」を伝えるのではなく披露宴そのものがすべて、みんなに「ありがとう」を伝えるための時間として考えて計画をしました。
生い立ちDVDはお互いの両親にプレゼントをしたところ、とても喜んでもらえ何度も何度も再生をして涙を流しながら見てくれたそうです。
それを聞いて何か月もかけて苦労して作ったムービーでしたが、本当に自分で作って正解だったなあと思いました。
結婚式はそれぞれのカップルごとにそれぞれの伝えたいメッセージがあると思います。
形式に捉われず自分たちの言葉で皆さんに思いを伝えることが本当に大切なのだと思いました。

Copyright(C) 2011 bridal.com All Rights Reserved.